新生FF14 予算15万~20万円未満でPCを買おう

どれを選んだらいいのか自力で調べるのが困難という初心者の方のために、管理人が自分ならこうやって買うというモデルをピックアップしてお届けします。

またゲームPCの多くはオーダーメイド方式になっていてある程度パーツも自由にとっかえが効きますが、選択肢が多くてどう変更したらいいのかわからない人が大半だと思いますので、その点も実例でご紹介します。

【ご注意】内容についてはPCゲームにどっぷりの管理人が、実体験と雑誌やネットで調べた情報を元に主観と独断でまとめています。PCの性能は用途や環境によっても変化し、また快適さや静音性などは個人の感じ方によって評価が大きく変化しますので、あくまで目安としてお考え下さい。

 

その1 GALLERIA XG-A

kt_200_8カスタム構成199,260円(モニター別)

FF14公式推奨モデル。オーダーメイドPCの大手ドスパラが展開しているブランド「ガレリア」シリーズです。

標準構成にSSDを乗せて20万円で収まるようにカスタムしてみました。

推奨PCでベンチマークのスコアを公表しているものが少ないのですが、この機種は新生FF14公式ベンチマークで堂々の8740と、他の推奨PCと頭ひとつ違うスコアをたたき出しています(スコア7000以上が「非常に快適」で最高ランク)。理由は搭載しているグラフィックボード、GTX780。個人が趣味で購入するものとしては現状最高クラスで、単品で購入すると8~9万円(!)します。なんとPCの価格の3分の1が一個の部品の値段なわけですね。

 

【主要スペック】

CPU:Core i7-4770
メモリ:8GB
グラフィック:GTX780
電源:750W

GTX780をはじめ文句のつけようがありません。これを使って最高画質でサクサクプレイできないというゲームは現状ではおそらく存在しないでしょう。はっきり言ってこんな初心者向けサイトを見ている人には手に余るくらいのスペックで、管理人の持っているグラボ(GTX680)より高性能。悔しいです!快適度は文句なし。

 

【注文時のカスタマイズ】

該当する商品のページはこちらです (新規ウィンドウで開きます)

xga_s
緑のボタンからパーツを変更できます。Window8モデルと書いてありますが、カスタマイズ画面でWindows7も選べます。お好きな方でどうぞ。私はまだ7が安定といった気分です。

以下、私が買うならこうやってカスタムするという例です。

 

・静音パックまんぞくコース
これだけ上位のCPUをやグラフィックボードを搭載するようになると、静音性と冷却性能が重要になってきます。 

PCは基本的に高性能なパーツであればあるほど多くの電気を使い、熱を出します。温度が上がると故障や誤動作の原因となりますので、PCの中ではクーラーという部品のファンが回転して風を送り部品を冷やしています。高温のパーツを冷やすために羽根が高速で回転すると風切り音がして耳障りな音が出ます。

そこで静かに効率よく冷やすための冷却パーツが色々と作られています。「静音まんぞくパック」はCPUクーラーを高性能なものに変更するオプションです。クーラーの種類は店にお任せになりますが、初心者であれば十分だと思います。自分で選べるようになり好き嫌いが出てきたら交換してください。クーラー単品で3000円くらいのものです。

 

・SSD Liteパック
これだけ豪華な性能なら、初期設定でSSDにしておいて欲しいものです。当然積み込みましょう。

SSDはデータを記録しておく引き出しに相当する部品ですが、同じ目的のHDDと比べ読み書きの速度が劇的に向上するため、PCの起動からゲームのロード時間まであらゆる場面で威力を発揮します。ウィンドウズとFF14のソフトはぜひSSDにインストールして下さい。一瞬で起動して笑えるくらいの速さを体感できると思います。ファイルサイズの大きい動画などはHDDへ放り込めばOK。

 

・HDD 
予算20万円に収めるために、ちょっと削って2TB→500GBにしています。HDDの増設はPCの改造の中でも一番簡単な部類なので、後から自由にやっちゃって下さい。

 

【予算を1万円上乗せするなら?】

・ケースを「Antec Nine Hundred Two V3」か「Coolermaster CM690ⅡPlus rev2」に変える

もしくは

・外部スピーカー/ヘッドフォンを買う

ケースは皆さん違いがよく分からずに安いものを選ぶ傾向があります。予算内で収めたいがグラボは譲れない…だったら削るのはケース、次に電源といったパターンが多いでしょうか。

ケースの良し悪しで変わるのは、「冷却性能」「メンテナンス・部品交換のしやすさ」「騒音・振動」です。ショップPCの標準ケースは間に合わせ的な作りのものが多く、フタの開け閉めから内部の配線まで面倒です。ペラいケースだとガタツキや共振現象が起こりやすく騒音につながります。有名なケースメーカーの製品はその辺に配慮されており、またケース内の空気の流れも考えられています。上記の鉄板ケースであればまず及第点以上でしょう。高い金額を払ってPCを買うのですから、手を入れながら何年も使うことになると思いますので、拡張性を重視して少し良いケースに変えてみるのも結果的にはお得になると思います。

GTX780で画質には文句ないのですが、せっかくリッチな映像で楽しむのですからサウンドにも気を配りたいところです。最近はマザーボード標準のサウンドカードでもそこそこ良い音が出ますので、サウンドカードにお金を使うよりも先にスピーカーを変えたほうが費用効果は大きくなります。ドスパラはスピーカーの選択肢が少ないので一緒に買う必要はないでしょう。PC用スピーカーで評判のいいものを探してみて下さい。私はTV用のホームシアターにPCから出力しているのでちょっと変速的です。住環境によってはサラウンドヘッドフォンも有用ですね。

<ドスパラ公式サイト> 

 

その2 (ノート推奨PC)

意外と需要が高いゲーミングノート。住環境からどうしてもでかいケースやモニターは置けないという切実なお悩みもたくさん受けて来ました。

記事は現在作成中です。 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ