ゲームPCは有線でインターネットにつなぎましょう

オンラインゲームをプレイする際は、可能な限り無線LANではなくLANケーブルを使ってルーター等に繋ぐようにします

無線ルーターも今の製品は性能が高くWebサイトを閲覧する分にはまったく問題ありませんが、長時間ゲームをプレイする上で通信の安定性を確保するならばやはり有線の方が信頼性があるというのが一般的な考えです。

lancable

 

無線LANは環境によって通信状態が左右される

 

wifispot

細かい技術的な話は省きますが、簡単に言うと「周りで無線LANを使っている人が多いと通信が不安定になることがある」と思って下さい。

スマートフォンやノートPCなどのwifi設定で周囲のアクセスポイントを検索できる方は、試しに自室で調べてみましょう。

一軒家であれば干渉は少ないと思いますが、ワンルームがぎっしり詰まっている集合住宅の場合は相当な電波が飛び交っているのではないでしょうか。

こういった他の接続電波を「よけながら」自分のPCからインターネットに接続を試すようなイメージになりますので、その分不安定になります。

RPGであれば無線であっても致命的な不利になることは稀ですが、FPSなど素早い操作が求められる対人戦を主としたゲームでは一瞬の通信ラグが勝敗を分けることになりますので、特に安定性が重要です。

 

 

 

速度自体は遅くない

「無線だから速度が遅い」というのは誤解で、通信速度は有線と比べても劣りません(ゲームのインストールなど巨大なデータをやり取りする場合には差が出てきますが、プレイ中の通信量というのはそれほど大きくありません)。

ゲームの読み込みが遅い場合は通信速度の問題だけでなく、CPUやメモリなどPC自体の性能に原因があったり、ゲームが人気でサーバーが混雑しているため負荷がかかって速度が上がらないといったことも考えられます。

遅い=無線が悪いと一概には決められませんのでご注意ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ